ようこそおいでくださいました。

アニマルハートクラブ(A.H.C)は、犬を中心に、ペットを愛する人々と、
住み良い社会、彼らへの理解を深め築いて行くことが出来たら、
素晴らしいな、そんな気持ちから生まれたクラブです。

現在は山科区を拠点にし、約5名ほどのメンバーが集まり、犬の心を探る
「人と犬のふれあい勉強会」や、犬の出入りを許してくださる「勧修寺公園」の
清掃などを主に、活動しております。

あなたは犬と共に暮らしていて、この社会を住み良いと
感じていらっしゃるでしょうか?

京都の公園は「マナーを守りましょう」に変わってはいますが、
相変わらず「犬を入れないで下さい」などと声をかけられてしまったりします。
愛犬と心置きなく入れて、走り回れるドックラン設備など、
なかなか思うように実現しないのが現状のように思います。

犬は走り回ること、友達とじゃれることが大好きですし、
そんな場所や設備がもっとたくさんあればいいのになぁと、
感じられた事はないでしょうか?

どうしてこんなことになってしまったのでしょうか?
私たちが普段 「このくらいいいだろう」「これくらいなら許されるだろう」
そんな風な考えの元に、少しづつがつみかさなって大きなマナー違反を
犯してきたりしたことが、原因の一つだったとしたら。

犬と共に暮らし、心から愛しているはずだったのに、社会に理解されなくなる
原因を、パパママである私たち自信が作っていたとしたら、
・・・・・とても残念で悲しいことです。

これからでも、少しづつ改めていけたら、快適な愛犬との
暮らしが実現出来るかもしれません。

外国のように犬と共に電車にのったり、
ビルの谷間を歩いたり、カフェで犬話に花を咲かせる足下には、
話題の主の愛犬がちょこんと寝そべっている。

犬嫌いの人や、ワンコが怖い子供への配慮、そして美しい町並みに映える
愛犬との生活を目指し、少しづつからでも、パパママのマナー向上、都市へ向けての
「犬」と言う命への理解を呼びかけられたらすばらしいなと考えています。

犬などの動物ををなでるだけで、人間の血圧は下がり、心の安定を得られると言います。

電車に載ることを拒絶されてしまう、人間のために働くワンコもいます。 

犬はもうすっかり人間の一部なのに、もっともっと一緒にいられるようになったら
いいと思いませんか?

「アニマルハートクラブ」は愛犬との生活をよりよくするための
心と情報のふれあう場所になりたいと思います。  

 

                          2003.6.10




毎月の例会がうまくいくように、アシストするよ!
写真をクリックして、紹介を見てね!










クラブの趣旨です。
これまでAHCで行ってきた活動での、写真です。
「今月のワンコ」に登場してくれたワンたちです。
クラブで予定している活動を明記しています。
分らない事ありませんか?質問も受け付けます。
「勉強会」などの開催場所を載せています。






Copyright (C) 2001-2004 =Animal.heart.club.= All Rights Reserved