21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2012年09月16日(日)

長崎ぃわぁ〜今日もぉおおおおっぉ、雨だったぁ〜♬ []

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

正面が美術館だ

ということで長崎云ってきた。

生涯三度目の九州だ(笑)。

まずはハウステンボス。今年で設立20周年だそうだ。思い起こせばバブルの頃、日本のあちこちにテーマパークが出来、バブルが弾けてあっという間に次々と閉鎖されてしまったのはなんだかんだ言っても十数年前のことなんだな。バブルは遠くになりにけり。そのあとの失われた十年、でその後はリーマンショック、で、、、、、いよいよワタクシの出番だな(意味不明)。

ここハウステンボスもバブル期テーマパークの例に漏れず直ぐに経営破たん。しかし何度かスポンサーが替わりながらなんとかココまでやってきたようだ。ま、正直リピーターで来たいと思うようなテーマパークでもないな。これといったアトラクションがあるでなしヨーロッパの街並みを再現したっていったってそれならヨーロッパへ行ったほうがイイし(笑)。

てかココに来た一番の目的は「ゴッホ」フィンセント・ファン・ゴッホ!そうさ、ゴッホを観るために長崎まで行ってきたのさ。と思ったらこの「ゴッホ展」来春くらいに京都にも来るらしいトホホ。。。

まあイイ。

それにしても長崎は台風が接近し天気は荒れ模様。ハウステンボス到着時は小雨と風。

しかし、ワタクシの日頃の行いが良いためかワタクシがゴッホ展が開かれている美術館へ行こうとすると雨が上がり美術館に向かう森もしっぽりイイ感じ。

どれくらい人が居るのかなぁ、と。おや?全然並んでいない。土曜日にも関わらず人がいない。入場制限はおろか館内も行ったり来たり観放題なくらい人が少ない。ゴッホ展なんか東京大阪京都あたりでやった日にゃあ一時間二時間の入場待ちが当たり前。館内も人で溢れて絵が全然見えない。

わざわざ長崎までに観に来た甲斐があった。

今回のゴッホ展は86年2月から88年2月までの俗にパリ時代とか空白時代といわれる時期の作品ばかりでゴッホの短い生涯の中で余り知られていない時代のものだ。

こういった芸術家とかの生活ぶりは当時の書き物、本人や友人の日記、書簡、といったものから研究されるのだが、ゴッホは画商だった弟テオとの書簡がその主なものなのだ。しかしこのパリ時代にはその書簡がない。

それはなぜか?

























その時代はテオと同居してたから。そりゃ手紙も書かんわな(笑)。そしてそれが故謎が多いパリ時代なのだ。

しかし近年研究が進み次第にその時代のゴッホの様子がわかってきたようだ。

一般にゴッホというと感情の赴くまま、例えれば山下清のごとく奔放に絵を描き続けた様なイメージがあるが(ほんまか?)ぢつはその、炎の画家ゴッホみたいなイメージは後世の世人達によるパブリックイメージ(ジョンライドンではないゾ!笑)なのだ。

芸術家・発明家の偉人達、まず間違いなく本人の意思と関係ない、決して正しく本人を表しているとは思えないパブリックイメージをお持ちだ。死人に口無し(死人に口無しはこーゆー場面で使うのだよ、覚えとけよ、試験に出るゾぉ)、本人が発言できないのをイイことに適当に美談をでっちあげる、斧の糞婆がジョンレノンを愛と平和の人、とでっちあげたようにほとんどの有名人は本人とは関係ないパブリックイメージを持っている。

これは故人に限らず、例えばワタクシのような凡人でも本当は温厚で優美で優しく決して怒らず粗食を食み善人なおもて往生す、いわんや悪人をや、というか聖人君子というか生き仏のような人物なのに、パブリックイメージはがさつで取っつき難く気難しくあまり一緒に居ても楽しくないという間違ったイメージがある。この辺りの間違ったイメージは是非改めていただきたいものだ。

おっと脱線した(笑)。


さて、ゴッホだが、このパリ時代は後年のひまわりに代表される明るい黄色のイメージはまだなくどこか暗い陰鬱な様相を呈している。そしてそのイメージ故絵が売れないと指摘され、なんとか売れる絵を書こう!と努力したようだ。絵が売れなくて経済的に困窮していることをかなり気にしていたようで随分と現実的にまるでAKBのように、とまでは行かないが売れる方法を模索していたようだ。

絵を書く際には技法を駆使しオーソドックスな方法も取っていたようだ。それから、何度も試し書きもし、下書きや塗り直しをやっていたようだ。この辺、ジョンレノンがストロベリーフィールズフォエバーを書く際に何度も何度も行きつ戻りつ時間を掛けて曲を完成させたのに似ている。天才だからって感性のまま一気に書きあげるわけではないのだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)

二日目。

朝からやや風がキツイ。雨も降っている。予定早めてうちへ帰ろうか。そんなことも考えながら取りあえず長崎市へ電車で向かう。長崎ぃわぁ〜〜雨が上がってた(ニコ)。

長崎市内の移動には路面電車を使う。路面電車、イイな。京都の阿保なところはあの市電を廃止したことだ。だいいち烏丸車庫が無くなってもうたやんけ!(笑)。これほどイイ公共交通機関はない。原発反対とかやってる間抜けどもは都市部に自動車を入れず都市部は路面電車等の電車を使おう!運動でもしたほうがよっぽど尊敬される、ね、あんぽんたん達!

おっと、阿保はほっといて、まずはグラバー園へ向かう。明治の洋館が並ぶ園内だが神戸なんかの洋館とはちょっと趣が違うな。ま、思い入れのあった分、神戸のほうが好きかな(は?)。

次は大浦天主堂。

ここまで雨も降らずだったのだが、ワタクシが食事を取るべくリストランテを入ると大雨。しかし昼食を取って、外へ出るころには又雨もあがり太陽すら顔をのぞかせた。

う〜ん、やっぱりワタクシは持ってるな(?)。

最後は平和公園。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by 陰陽師 at 23時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2012年05月06日(日)

霊長類南へ []

GW、南国へ行ってきた。南国を「なんごく」と読んだあなた!ウフフ、オッケイ!(意味深)

さて、ワタクシは正月休み、GW、盆休みといった旅行のハイシーズンには今まで一度たりとも旅行に行ったことが無かった。それはどこ行っても人で一杯だし料金高いし第一面倒臭いし(笑)。しかし考えてみればどこへ行っても人で一杯なのは旅行に行こうが近所のショッピングモールに行こうが一緒なのである。そこでポンと膝を打って「そうだ、南の国へ行こう!」と旅行へ行く気になったのだ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ま、何と云ってもDRS、、じゃなくてDFSだ。

画像(180x135)

南国の雰囲気だ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

なんか貧弱なような。。。。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

昼ごはんは旅行中、ずっとアメリカンステーキだ!(笑)。和牛と違って胃にもたれないから毎日イケル(笑)。やっぱアメリカンステーキのほうが好きだわ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

普天間も視察してきた(視察?)。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

それから嘉手納も忘れず。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

東シナ海異状なし!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

やはり日本はイイな!(笑)、ユニクロも青山もファミマも吉野家もなんでもある、第一日本語が通じる(笑)。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

やっぱアメリカンステーキだ。

画像(180x163)・拡大画像(639x582)

しかしヴィッツって酷い車だな(爆)。踏みしろがほとんどないアクセル、突然効くブレーキ、フニャフニャのパワステ。

ナハナハナハ!(せんだみつお風)

なわおきは五月初め目出度く梅雨入りしたがワタクシが滞在期間中は中日に少し小雨があっただけでずっとイイ天気。やはり日頃の行いが良いせいだ。海に入るには少し気温が低くて無理だったがあちこち動くには良い気候。首里城と普天間基地と嘉手納基地と国際通りとステーキハウスしか行ってないけど(笑)、充分堪能した。なわおき中部から北部は又次の機会に!



Posted by 陰陽師 at 19時06分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2010年08月27日(金)

ミツイアウトレットパーク滋賀竜王行ってきた []

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

先日神戸三田プレムアムアウトレットに行ったばかりだが今度はミツイアウトレットパーク滋賀竜王に行ってきた。

どんだけアウトレット好きやねん!自分(笑)。

ここは高級ブランドよりはちょっと下の又はカジュアルなブランドが多いんだな。神戸のほうは高級ブランドが多くてお得感が高かった。

それにしてもアウトレットってブランドにとって諸刃の刃っちゅうか痛し痒しっちゅうか軒先貸して母屋を取られるっちゅうか、もうええって、そんな感じだな(どんな感じ?)。


画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by 陰陽師 at 07時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

its a sony

its a sony

こ、こ、こ、これほすい

こ、こ、こ、これほすい

瀆書

瀆書

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.