bandman@zooのリードボーカリスト(の筈)でありバンマス(の筈)の私、 「せくしぃCRAZY」さまが、限りなくプライベートな日記を赤裸々に綴ります。 ここは大人のページだから18歳未満禁止よん♪

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2006年05月05日(金)

My foolish heart [つれづれ]

「今日で一ヶ月だね」と力強いメールを送ってくる君。
温度のない電子の文字の世界で君の言葉だけは優しい。

君はあと3ヶ月で旅立つ。
ほんの数万キロ離れた場所へ。
ほんの10ヶ月の間の遠くへ。

どんどん君と離れたくなくて
どんどん君にのめりこんでいく

どんどん君を失いたくなくて
どんどん君が愛しくなる

君が悩んでいることは良く良く知っているんだ。
もしも私に「いかないで欲しい?」と問うても、
私は本音を押し殺し、
「行っておいで、お前にとってプラスになるから」
と言うのだろう。

その時が来たら、付け加えて最後に一言

「待っているから」

と言ってあげれるのだろうか?


私の心は愚かだ。

君が帰ってくる頃に僕はこの街にはいないのに、

そんな事、言えるはずもない。。。

Posted by せくしぃ at 23時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

高槻JAZZスト [No Music, No Life > 音色]

じぃだぶりゅうに突入。
今年はなんとか暦どおりに休めることになった、、、万歳。

一人の時間がなくてイライラしている事を彼女に伝えて号泣させてしまったりと、低調な昨今だったが、、、
ただいま衣類の入れ替えと掃除とコタツの片づけがすんでお部屋は随分綺麗になりました、やっぱり一人の時間は大切だなぁ。。
ビールを飲みながらバグスグループを聴いています、あぁ・・・最高♪

さてさて、高槻はJAZZストリートへ行って参りました。
もはやJAZZ以外は受け付けない体になりつつある昨今。
音楽教室への申し込みも無事済み、これからはJAZZメンとして生きていきます。。。
しっかし恐るべし高槻市、こんな恐ろしいイベントをするとは夢にも思わず。。。

とっ、とにかく素晴らしかった!

秋吉敏子さんや越智順子さん、川嶋哲郎さんに岸ミツアキさん、ルータバキン氏にウォーレンバッシー氏、おっと忘れてはいけない古谷親子。。。
それ以外にもたっくさんのアーティストがあちらこちらでスィングしてる。

ベストアクトを紹介しておこう。。。

三位 Oleo/ The Real Jazz Quartet

高架下で盛り上がっていたカルテット、ドラマーがよく見えないがウッドベースと息がぴったり、このベーシストがなかなかちょい悪な感じでグー。そして「次の曲はソニーロリンズのオレオをやります」と言ってはじまったこの曲。とても良い演奏でした♪ちなみに演奏終了後に驚きサプライズ、なんとドラマーは7歳・・・

二位 My one and only love/ 川嶋哲郎グループ

ふらりと現れぷらーっと吹き始めふらふらとお茶を飲み、メンバー紹介して去っていく、川嶋哲郎という人はそんな感じで(笑)見ていて飽きない。ただし演奏はヤバイ。きれまくってる。。。この曲がはじまるや否や友人のけんちゃんが「あっ、マイワンアンドオンリーラブや」というとあのフレーズが・・・
甘い、、、、、すげぇ、、、、、やばい・・・・・
サックスはやっぱりテナーです。。。

一位 Fly me to the moon/ 越智順子witht高岡正人トリオ

この人をなめていた。。。ウッドベースが静かにうなりはじめて彼女のボーカルが入るとゾクゾクした・・・
なぁぁぁぁぁぁんて格好いいんだ!!!
久しぶりにそんな音楽を聴いた。。。

Posted by せくしぃ at 15時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2006年04月22日(土)

JAZZ名盤 [No Music, No Life > 音色]

アート・オブ・ザ・トリオ Vol.4:ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード

アート・オブ・ザ・トリオ Vol.4:ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード

1.オール・ザ・シングス・ユー・アー
2.憧れ
3.ナイス・パス
4.ソーラー
5.ロンドン・ブルース
6.アイル・ビー・シーイング・ユー
7.エグジット・ミュージック (フォー・ア・フィルム)

ロンドンブルースがもう最高だ、グレナディアのぐぃぐぃぐぃっと唸るベース、オープニングは完全に彼のものだ。
しかし後半のブチギレピアノは何度聴いても血沸き肉踊ってしまう。
ラストのレディヘのカバーも、痺れる。。。

もっともお気に入りのアーティストだ

Posted by せくしぃ at 16時53分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

コルトレーン祭り [No Music, No Life > 音色]

もう多分どこにも帰れないんだろうなとさえ思う。
そう、私が辿り着いた音の終着点、それがJAZZ。

ビルエヴァンス
ミシェルペトルチアーニ
ブラッドメルドー
キースジャレット
ウラジミールシャフラノフ
エンリコピエラヌンツィ
マイルスデイヴィス
ミハエルナウラ
ジョーチンダモ
セロニアスモンク
山中千尋
小曽根真
ソニークラーク
そしてジョンコルトレーン

まだまだかじりたてなので偉そうなことは何一つ言えないが、主に聴いているアーティスト達だ。。。

ピアノJAZZ以外にもようやく管楽器の良さに触れ、毎日がまさにコルトレーン祭り。。。

こいつはすげぇぇぇ。。。



Posted by せくしぃ at 16時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

春とデニム [つれづれ]

当然ながら出勤。
入社以来最高のペースで働いている、ありがたいことに私の職場は十五分からきっちりと残業がつくのでそれなりのバックはある。。。
過酷な毎日の中でも以外と心身ともに調子良く、充実した毎日を送っているのだ。
もう春だな、気がつけばGWも迫ってきている。

春といえばファッション。
お気に入りのディーゼルのデニムの膝が完全に崩壊してしまった。。。カッターナイフで削ったりしていたのが失敗だったのか・・・気がついたらビリビリに破れてしまって膝っ小僧、丸裸。。。
お洒落が大好きな母でさえ、破れたジーンズをファッションとは見てくれなく「それ履くのやめんさい」と小言を言われる。。。

なので、、、デニムを買うことにした!!!

毎日そのことで頭がいっぱい。。。

トゥルーレリジョン○
ディーゼル△
チップアンドペッパー▲
ヌーディージーンズ◎
セブンフォーオールマンカインド×

候補はこんなものだろうか・・・
しかし、
それにしても、

いつからこんなに高くなったのだ???

最低価格が弐萬円強、伍萬円を超えるものまである。。。平均価格は参萬円也

ディーゼルを購入した時も清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで買ったのになぁ・・・

そんなわけで思案中。。。
最後に私のデニム遍歴を書いておこう。

リーバイス501
リーバイス505
リーバイス502
リーバイス501XX
APC
ポールスミス
ユニクロ
ディーゼル

次にくるのは誰だ?

Posted by せくしぃ at 16時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 5 )

2006年04月13日(木)

成分分析 [つれづれ]

の73%は毒物で出来ています
の25%は歌で出来ています
の1%はマイナスイオンで出来ています
の1%は濃硫酸で出来ています

同じく、やってみた。
しかも本名で・・・

笑ってしまった・・・有害なのね、俺って。。。

Posted by せくしぃ at 13時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2006


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

せくしぃ

経理部

せくしぃ

孤高の吟遊詩人、永遠の性少年
好きな言葉は「青春」
尊敬する人「スナフキン」
趣味「JAZZ・インテリア・放浪・スラング英会話・プチ写真家・読書読漫・スポーツ評論家・己コーディネート・様になるカフェ大人チックなBAR・京都徘徊」
将来なりたいもの「サムライ魂を持った外人」

PHOTO(もっと見る

我眼鏡男子也

我眼鏡男子也

I LOVE NY 2

I LOVE NY 2

同居人を紹介します。

同居人を紹介します。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2006 SANDY-JP.COM All rights reserved.