SandY Design Studioはインボイス発行事業者です詳細

音楽ファンがiPhone SEを買ってはいけないたった一つの理由

Contents

イマーシブオーディオについて

イマーシブオーディオ」というのをご存知だろうか。「空間オーディオ」「3Dオーディオ」ともいう。

昔からあるドルビーサラウンドの延長線上であるともいえるし違うともいえる。2010年代から出始めた新しい概念だ。ご存じない方、詳しくは下のサイトをご覧いただいたりググったりして認知してほしい。

旧来のサラウンドとは違って、現行のイマーシブオーディオの一番の売りと言うか利点はスマホとイヤホンがあれば体験できる手軽さではないだろうか。もう部屋中にぐるっと邪魔なスピーカー沢山並べたり値は張るくせに本当に効果があるのか怪しいサラウンドヘッドホンを買ったりしなくてもいいのである。

もう少し正確に言うと、基本的には以下のデバイスとサブスクの契約は必要となる。

  • スマホはiPhone
  • イヤホンはAirPods
  • 音楽再生はApple Musicのサブスク

更に詳しくはアップル公式に説明があるのでこちらを参照いただきたい。各デバイスの世代等の対応状況もこのサイトに記されている。

ここでは言及しないがアップル製品以外でももちろんイマーシブオーディオを再生する環境はあるので念の為。今回の組合せは、私にとって身近なデバイスとサービスなのと、まあ恐らく我が国日本でユーザー数が多い上に一番単純でわかりやすい組合せであると思うので。

誰も知らないiPhone SEの最大の弱点

ご存知のようにiPhone SE(第3世代)は、2022年発売でA15プロセッサという最新のA17(このA17は最新iPhone 15Proしか搭載していないハイエンドプロセッサ)の2世代前でしかなく現在も十分高性能なCPU搭載のスマートフォン。躯体やディスプレイ、カメラに旧製品のものを流用することで安価に仕上げられている廉価版ではあるが前述の通り心臓部のCPUは発売当時は最新プロセッサを搭載したパワフルなのに安いというコスパ最強のiPhoneなのである。またiPhone現行製品唯一の指紋認証搭載機として、さらには最も小さいiPhoneとしても不動の人気モデルでもある。

apple.com「iPhoneのモデルを比較する」より

上図はアップル公式サイト「iPhoneのモデルを比較する」のページにてiPhoneSE(第3世代)とiPhoneX、さらにはiPhoneXRを比較してみた切り抜きだ。この『オーディオ再生』の項目はずいぶん下の方までスクロールしないと出てこず大方の人はこんなところまで確認しないと推測する。

なんとiPhone SEはこのように最新の第3世代であってもイマーシブオーディオ(=空間オーディオ)に対応していない。これは2017年発売のiPhone Xまでと同等である。2018年発売のiPhone XR以降はすべてのiPhone(iPhone SEを除く)でイマーシブオーディオ対応になっているというのにだ。

ところがほとんどの比較サイトでも、iPhone SEは躯体が古いとかカメラやディスプレイの性能が低いとか防水性能が悪いとかバッテリが云々とかしか言及がなく、この決定的な弱点があることについて述べていない。故にこのことは誰も知らないといっていいだろう。

私の調査の限りでは唯一、下記のサイトがイマーシブオーディオ非対応に言及していた。

誰も言わないから私がここでハッキリ言っておく。

iPhone SEはイマーシブオーディオ非対応だ!

iPhone SEは空間オーディオ非対応だ!!

iPhone SEはドルビーアトモス非対応だ!!!

大事なことなので言い方変えて3回言ってやった。

iPhoneの本懐を思い出せ

そもそもiPhoneとは何者なのかをみんな忘れてやいませんか。

思い出してほしい。iPhoneとは「iPodに携帯電話が融合したもの」であることを。

私のiPodは80GBのiPod Classicでした

つまりiPhoneにとって “ユーザーに良い音、素晴らしい音楽体験をもたらす事” というのは一丁目一番地である筈なのだ。

カメラ機能なんて携帯電話のおまけであって所詮写メール用だったやん。記録用としては単焦点のレンズ一つ付いてれば事足りるし今どきは解像度も高く十分な性能でもっと良い写真が撮りたければコンデジでも買えばいい。安くて明るくて10年以上使えるデジカメがいくらでもある。

などと考える人用のiPhoneがiPhoneSEだと思ってた。

だが違った。

iPhoneSEはiPhoneの一丁目一番地であるべき音楽プレーヤー機能でさえ廉価版になっているのである。

最後に

これまでのサラウンドや疑似リバーブとは全く違う、自然な音響空間を作り画期的な音楽体験をもたらしてくれるイマーシブオーディオ。最新の楽曲はもとより何より過去の名作がイマーシブオーディオによるリミックスが続々と登場していて慣れ親しんだあの曲この曲があっと驚くリアルな演奏に聞こえてきたりする喜び。曲によっては人によっては生きててよかったと思うほどの感動を覚えたりする(私のこと)。。ま、曲によるというかミックスによって素晴らしかったりそうでもなかったりというバラツキはあるのだが。

イマーシブオーディオは全世代の音楽ファンに楽しんでほしいと心から思う。ゆえにiPhoneで音楽を聴くのが主体な音楽ファンはiPhone SEは買ってはならないと私は断言したい。

ちなみに私のiPhoneは、、、

iPhoneSEである。

買い替えるよ。もう絶対。くやしいーー。

楽天モバイル公式 楽天市場店
¥120,800 (2024/05/25 19:24時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
Contents